平成28年度 緑市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 25 32 61 100 129 358 639 613 180
地域密着型の病院である当院は、24時間365日対応の一次、二次救急医療や小児医療、がん治療といった政策的医療の役割を果たすとともに、高齢者に多い肺炎・骨折・脳梗塞・心疾患の治療を積極的に行っており、60歳以上の患者さん割合が80%超と高くなる傾向にあります。
また、地域での在宅復帰、在宅療養が実現できるように地域包括ケア病棟を運営し、急性期治療後の症状が安定した患者さんの診療、在宅・介護施設からの受入れを行う後方支援病院の役割を担っています。

年齢階級別退院患者数で見ると70歳代が最も多く全体の29%を占めています。ついで80歳代が28%、60歳代が16%と続き、平成27年度のデータと比較して、年齢階級の分布に大きな変化は見られません。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 46 3.76 4.71 0 72.3
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 2.43 3.06 0 73.59
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 40 39.38 21.25 5 86.6
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 39 32.56 17.95 10.26 85.38
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 17 14.29 12.43 0 67.06
当科は、消化器・循環器・呼吸器・糖尿病を中心に診療をおこなっています。
循環器内科では、狭心症・虚血性心疾患に対しては、カテーテルを用いた検査や冠動脈に対する手術を行っています。
消化器内科では、疾患の早期発見・早期治療の手助けになるよう内視鏡検査や胆石に対するドレナージやステント留置を行っています。また、DPCコードには分類されませんが、大腸ポリープ切除もおこなっており、がんに対しては化学療法を中心とした治療を行っています。
呼吸器内科では、肺炎・誤嚥性肺炎に対して、薬物治療・リハビリ治療をおこなっています。
また、糖尿病に対しては、自宅での血糖コントロールをスムーズに行えるよう、教育入院もおこなっています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病 なし 74 59.65 20.57 1.35 79.36
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 44 54.84 27.63 13.64 82.32
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 手術なし 12 11.83 9.13 0 61.83
160610xx01xxxx 四肢筋腱損傷 靱帯断裂形成手術等 12 14.75 20.87 0 71.08
070343xx99x01x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 あり - - 18.36 - -
当科は、四肢・脊椎など運動器の外傷や変性疾患、末梢神経疾患などに対応しています。
特に高齢者に多い、胸腰椎骨折、大腿骨骨折の患者数が多くなっており、手術からリハビリまで幅広く治療をおこなっています。
また、継続してリハビリが必要な患者さんに対しては、リハビリ病院等への転院支援も行っているため、転院率が他の診療科よりやや高めになっています。                       
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。                       
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 20 19.05 16.54 20 71.35
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 12 34 19.35 33.33 72.75
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 7.52 - -
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 11.83 - -
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 16.73 - -
当科では入院治療を受けられる患者さんの多くが脳卒中となっており、機能回復のために早期のリハビリをおこなっています。
地域包括ケア病棟も有しているため、リハビリが必要な患者さんの受け入れにも対応しています。
また、在宅への復帰を目指す患者さんや、継続したリハビリテーションが必要な患者さんに対しては、リハビリテーション科・ケースワーカーと連携して退院・転院支援をおこなっています。 
                           
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 16 9.94 7.44 0 72.25
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病 なし 13 4.54 5.25 0 55.38
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき) 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 12 2.17 2.82 0 68
110060xx99x20x 腎盂・尿管の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 なし 12 5.58 11.71 0 54
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 10 16.4 12.43 0 60.5
当科では、前立腺がん、膀胱がん等の悪性腫瘍の患者様が多く、その平均年齢は70代となっています。
治療内容は手術療法、薬物療法、緩和治療と幅広くおこなっており、手術については開腹手術、経尿道的手術を中心におこなっています。
また、DPCコードでは分類されませんが、前立腺がんの鑑別のための前立腺生検や、腎・尿路結石に対しての体外衝撃波結石破砕術も多くおこなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 10 21.7 15.92 0 73.9
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.08 - -
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし - - 17.65 - -
060040xx02x00x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 肛門悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 17.98 - -
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 - - 6.82 - -
当科は、消化器外科を中心に診療をおこなっています。
胃がん、大腸がんに対しては、手術治療・化学療法を中心とした治療をおこなっており、患者さんの身体的・精神的負担を軽減するため、化学療法については外来での治療、手術治療については腹腔鏡手術も積極的におこなっています。
また、DPCコードでは分類されませんが、鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡手術も非常に多く行っています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 30 5.9 5.24 0 71.3
030428xxxxxxxx 突発性難聴 - - 9.37 - -
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし - - 5.5 - -
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし - - 9.6 - -
030270xxxxxxxx 上気道炎 - - 4.83 - -
耳鼻咽喉科の入院は、めまい症状の患者様が多数となっています。薬物治療が中心となり、入院期間の平均は6日間となっています。
他に、突発性難聴に対する薬物治療等もおこなっています。
また、DPCコードでは分類されませんが、睡眠時無呼吸症候群に対するポリグラフ検査にも対応しています。                                                                                      
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 22 8.32 8.96 0 68.32
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 14 8.07 11.97 0 68.14
161060xx99x0xx 詳細不明の損傷等 手術なし 手術・処置等2 なし - - 4.19 - -
161000x199x0xx 熱傷・化学熱傷・凍傷・電撃傷(Burn Index10未満) 手術なし 手術・処置等2 なし - - 12.64 - -
180010x0xxx1xx 敗血症(1歳以上) 手術・処置等2 1あり - - 22.87 - -
当科では、帯状疱疹・蜂巣炎〈蜂窩織炎〉が多数となっており、薬物治療を中心におこなっています。
入院期間の平均はいずれも8日間となっています。
また、他の診療科へ入院中の患者さんに対しての褥瘡の治療も積極的におこなっています。                                                                                
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 - - 2.43 - -
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 定義副傷病 なし - - 8.04 - -
130090xx97x0xx 貧血(その他) 手術あり 手術・処置等2 なし - - 11.25 - -
12002xxx99x2xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 2あり - - 20.33 - -
120250xx97x0xx 生殖・月経周期に関連する病態 手術あり 手術・処置等2 なし - - 4.64 - -
当科では、近医や施設から子宮脱、子宮膿瘍、萎縮性膣炎といった、高齢にともなう疾患の紹介が増加しています。
また予防医学の観点では、子宮がん検診に対応しています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし - - 5.5 - -
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 9.08 - -
150020xxxxx0xx 細菌性腸炎 手術・処置等2 なし - - 7.24 - -
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし - - 5.81 - -
070520xx99xxxx リンパ節、リンパ管の疾患 手術なし - - 8.51 - -
小児に多い感染性胃腸炎は、ウイルスや細菌の感染が原因になって吐き気や嘔吐、下痢・腹痛などの急性の胃腸炎症状を引き起こす病気です。
当院では、はじめに病気の原因とウイルス・細菌の検査をおこない、治療は薬物治療が中心となります。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - - - - 1 7
大腸癌 - - 13 - - 34 1 7
乳癌 - - - - - -
肺癌 - - - 1 7
肝癌 - - - - 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
がんのStage(ステージ)とは、がんが、どれくらい進行しているのかという進行度合を意味しており、ステージの数が大きくなるほど、がんが進行しているといえます。
当院は、大腸がん・胃がんの症例が多く、ステージⅠ~Ⅳと幅広く診療をおこなっています。中でも大腸がんのステージⅢと再発の症例が多くなっています。
治療は、手術・化学療法・緩和治療が中心となっています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 9.43 51.48
中等症 52 26.71 80.62
重症 21 32.14 84.29
超重症 - - -
不明 - - -
高齢者や基礎疾患を持たれている方の肺炎は重症化しやすいといわれています。
当院の特徴は、肺炎の重症度が上がるにつれて、平均年齢が上がっていく傾向がみられます。特に入院治療が必要とされる「中等症」以上では、平均年齢が80歳を超えています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 46 34.54 75.3 15.25
その他 13 40.77 78.15 5.08
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
高齢者に多い脳梗塞は、脳の血管が詰まる病気です。治療方法は、発症直後は薬物治療が基本となり、その後は早期のリハビリが重要となります。
当院でも、リハビリテーション科と連携して早期のリハビリに努めています。また、平均年齢は75歳を超えており、地域包括ケア病棟にてリハビリ後、在宅・施設に退院される患者様もみえます。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。                                                    
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 等 125 0.12 1.06 0 70.06
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 等 31 2.06 2.16 0 74
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術 不安定狭心症に対するもの 等 11 0 6.73 0 69.18
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 等 - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 等 - - - - -
当科で大腸ポリープ切除を受けられる患者さんは、検診・健康診断の異常をきっかけにされることが多く、ポリープ切除の結果、大腸がんが発見されることもあります。
また、狭心症に対してはカテーテル検査で見つかった狭窄に対する冠動脈の形成や、ステントの留置をおこなっています。
上記以外にも、内視鏡的乳頭切開術や胆道へのステント留置や胆管に対するドレナージ術等もおこなっています。                                                                                            
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 等 37 2.92 45.97 10.81 83.51
K0811 人工骨頭挿入術(股) 等 19 8.05 48.47 10.53 78.95
K0463 骨折観血的手術(鎖骨) 等 14 3.14 14.29 0 56.79
K080-42 <関節鏡下>肩腱板断裂手術(複雑) 等 10 1 12.4 0 70.6
K1423 脊椎固定術(後方椎体固定)(2椎間) 等 10 2.3 54.6 0 74.9
当科では、大腿骨の骨折に対する手術が多く、この他には胸腰椎の圧迫骨折に対する脊椎固定術等もおこなっています。
高齢者の転倒による骨折や、加齢に伴う骨粗鬆症による胸腰椎の圧迫骨折が多いため、平均年齢も70歳~80歳代と高齢になっています。
大腿部骨折に対しては、折れている骨(骨頭)を取りのぞいて人工物でできた骨頭を挿入する人工骨頭挿入術等を行っています。
この他、肩の疾患に対する手術にも対応しています。
また、手術およびリハビリ終了後の在宅復帰に時間のかかる患者さんに対しては、専門病院への転院の支援もおこなっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼡径ヘルニア手術 等 30 1.07 3.1 0 69.1
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 3.25 4.83 0 66.75
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 等 10 6.1 15.1 0 73.3
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 - - - - -
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア - - - - -
当科では、患者さんの身体に負担の少ない腹腔鏡手術を積極的におこなっています。傷跡が小さく、術後の経過も早いため、入院期間も短く退院できることが特徴です。
手術の件数としては、鼡径ヘルニアが最も多く、次いで胆嚢摘出や結腸の悪性腫瘍手術が多くなっています。
この他に、虫垂炎や小腸疾患に対する手術もおこなっています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K768 腎・尿管結石破砕 /右 等 30 0 1.07 0 60.27
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術) 等 15 1.33 7.13 0 71.07
K843 前立腺悪性腫瘍手術 等 10 4.9 13.3 0 70.3
K7811 (レーザー)経尿道的尿路結石除去術 等 - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
当科では、腎・尿管結石に対する体外衝撃波破砕術を多くおこなっています。腎臓や尿管にできた結石に体外から衝撃波を当てて砕き、自然に排出させる治療法で、入院期間は2日間となっています。
この他に、膀胱がん、前立腺がんの手術も積極的におこなっています。                                                                      
(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 等 - - - - -
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術 頭蓋内脳血管の場合 等 - - - - -
K331 鼻腔粘膜焼灼術 - - - - -
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K665-2 胃瘻抜去術 - - - - -
当科では、慢性硬膜下血腫に対する穿孔洗浄術、脳血栓・塞栓溶解術などを行っています。
また、脳腫瘍に対する手術にも対応しています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)表示でしています。
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 人工妊娠中絶(11週まで) 等 - - - - -
K861 子宮内膜掻爬術 - - - - -
K909-2 子宮内容除去術(不全流産) - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
当科では、子宮内膜増殖症や子宮体がん等に対する子宮内膜掻爬術、不全流産に対する子宮内容除去術をおこなっています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)表示でしています。

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
K6262 リンパ節摘出術(長径3cm以上) - - - - -
K6182 中心静脈栄養用埋込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K340 鼻茸摘出術 - - - - -
- - - - - - -
当科では、副鼻腔炎に対する内視鏡下鼻副鼻腔手術(ESS)や鼻茸に対する鼻茸摘出術をおこなっています。
この他、アレルギー性鼻炎に対する粘膜焼灼術にも対応しています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
傷病名が播種性血管内凝固、敗血症、その他の真菌症、手術・術後の合併症について、全退院患者数に対する発生率を示しています。
当院では、ICT(感染防止チーム)による定期的な監査をおこなっており、手術・術後の合併症が起こらぬよう細心の注意を払っているため、少数に抑えられています。

(※)10症例未満は、個人情報保護のためハイフン(-)で表示しています。
更新履歴