脊髄神経疾患について

手根管症候群

手のひらの手首に近い部分に横手根靱帯があり、手根骨とこの靱帯で囲まれた部分を手根管といいます。 この手根管の中には正中神経と指を動かす腱が通っており、ここで神経が圧迫や刺激をうけてしびれや痛み、運動障害を起こすのが手根管症候群です。
症状は、人差し指と中指、親指と、薬指の中指側にしびれと痛みが起きます。しびれや痛みは明け方に強く、手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると楽になります。

手根管症候群

肘部管症候群

肘関節の内側を肘部管といい、尺骨神経はそこを通っています。肘部管はもともと狭いスペースですが、 そこに変形性肘関節症などが発生すると尺骨神経が圧迫され、麻痺などの症状が現れたものが肘部管症候群です。 症状としては、小指の痛みとしびれ、薬指の小指側半分の痛み、しびれ、指先、手の筋力低下等です。

肘部管症候群