脊髄神経疾患の治療について

脊髄内視鏡手術

突然の腰痛や坐骨神経痛で発症する腰椎椎間板ヘルニアは、最近では3分の2くらいの症例では内視鏡を使用した手術を行っています。 内視鏡には大きく2つの方法があり、1つは局所麻酔で7mmの内視鏡による経皮的髄核摘出術 (PELD: Percutaneous endoscopic lumbar discectomy) であり 2泊3日の入院で可能です。もう1つの方法は、PELDと同じ手術分類に入りますがMED (Microendoscopic discectomy) と言われ、全身麻酔にて約2cmの内視鏡を使用し 4泊5日程度の入院で行います。どちらの方法も保険が適応になりますので、特別な個人的な費用は不要です。 MEDは一部の頚椎椎間板ヘルニアの手術にも、応用可能です。本院ではMEDを中心に、内視鏡手術を施行しています。 手術の適応については(どちらの方法が良いか?)外来で詳しくご説明します。

脊髄内視鏡手術

バルーンを使用した椎体形成術

高齢化が進むにつれて骨がもろくなり骨粗鬆症となります。 特に高齢の女性に多いのですが、骨粗鬆症になると圧迫骨折になる可能性があります。 従来は長期間安静を強いられていましたが、最近になりBKP(Balloon kyphoplasty)という方法が認可され、短期間の入院で活動可能となりました。

バルーンを使用した椎体形成術

脊椎インスツールメンテーション

脊椎の安定性が欠如していたり、ズレがある場合にはチタン製のケージやスクリューなどの金属を使用する場合があります。 頚椎前方固定術では小さなケージを挿入するだけですが、腰椎変性疾患に対しては場合によってはスクリューやプレートによる大きな固定術が必要な場合もあります。 われわれはあくまで患者さんの年齢、病態を考慮し、最大限低侵襲手術を行うよう努力しています。 平均寿命が高くなってきていることを考慮すると、将来再手術が必要となることもありえます。 その場合にも、問題なく手術ができるよう配慮しています。 金属製インプラント使用時には、透視、レントゲン、ナビゲーションなどを用いて安全性に留意しています。 手術用顕微鏡は、常時使用します。

手術前
頚椎症にて圧迫された脊髄
(C5/6 C6/7)
手術後
チタン性ケージにて神経除圧術と椎体間固定を施行
 
圧迫がとれた脊髄が
確認(5/6 C6/7)